Life is Beautiful:〜ライフ イズ ビューティフル〜

人生は一度だけ。だから皆、一生懸命。だから人生は美しい。
うーんと考えて、おお!と感動して、へえ!と驚いたエピソードを公開していきます♪
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
最近の3冊


先週末はダウン。GW中に読んだ本の備忘録でも。。。

「ヤバイぜっ!デジタル日本」

DJとして世界を飛び回る著者が、世界の最先端の現場で肌で実感した事象と、現在の日本の状況を照らし合わせる。
そして、今後の日本は、どのようにあるべきか、著者の感覚とセンスを基に書かれた本。

日本がこの10年力を注いできたITは、単なる技術にすぎす、その技術を活用するコンテンツも実は日本は一歩遅れているらしい。
確かにそうかもね。。。


「若者はなぜ3年で辞めるのか?年功序列が奪う日本の未来」

いち早く「成果主義」を取り入れた富士通。その富士通自身が「成果主義は失敗だった。」と判断を下したタイミングで、富士通の人事部から独立して「内側から見た富士通」を書いた著者。
なんてグットタイミング。時流を読んで書くのが上手いねー。
データを基に、若者世代のイライラの原因を理論立てて書いてくれてて爽快だった。そう、私たちはそれを実感してるのだよ!


「搾取される若者たち」

著者自身が、バイク便ライダーとして実感した体験を下に書かれた本。
実際に現場に身を置いて書いたことについては感心するけど、上の本と比べちゃうとやっぱり劣る感じが否めない。
結論には納得するんだけど、それまでのプロセスが貧弱なのかなー。ということで立ち読みにて終了。笑汗
| comments(2) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
「成果主義」そのものがいけなかったのではなくて、「富士通の行った」成果主義がイカンかったのでは…と思うんだよな。当時、富士通と仕事してはわたしやダンナに言わせるとさ。
| みゃぎこ | 2007/05/21 5:42 PM |
そうそう、富士通で導入されたというか日本の一般の「成果主義」のゆがみをすっぱ抜いてました。確かにー。
でも本読んでるだけじゃわかんないよね、きっとみゃぎこさんやダンナさまは実感したのね。
| ふにー | 2007/05/21 6:19 PM |









http://lifeisbeauty.jugem.jp/trackback/311
page top   

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
クリスマス
お正月
LINKS
PROFILE
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS