Life is Beautiful:〜ライフ イズ ビューティフル〜

人生は一度だけ。だから皆、一生懸命。だから人生は美しい。
うーんと考えて、おお!と感動して、へえ!と驚いたエピソードを公開していきます♪
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - |
アンネの日記
縁があって、「アンネの日記」を読むことになった。
名前は知っているけど、いままで読んだことがなかった。

念のために書いておくと、「アンネの日記」はユダヤ人であるアンネ・フランクが、13歳〜15歳まで、第二次大戦前直前に、ナチスから逃れるために家族や友人と隠れ家に住んでいたときの日記です。

日記と言われるように、本当に○月○日から始まります。
13歳〜15歳の、心の成長が最も著しい時期の心情を素直に書いています。
ただの13歳の少女から、隠れ家という特殊な環境の中で、感受性の強さ、大人を見る冷静な目が培われていくのがありありと分かります。非常に聡明な子供だったという印象を受けました。

やっぱり名著は名著なんですねー。

ところで、知っているって難しい。

シェークスピアの4大悲劇は知ってるけど観た事も読んだこともない。
ただ知っている事と、実際に経験したことは確かに違うのになー。と思う。
| comments(3) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | - |
アムステルダムでアンネの家行ったことあるよ。
なんかすごく悲しくなりました。
不思議な空気が流れてるような気がしました。
| さとぽん | 2007/06/14 3:53 PM |
そうだねー。
あらすじだけ知ってて読んだ気になってるものって結構あるよね。
ところで、そろそろ夏なんで、ミステリーが本屋に並ぶ時期ですね。でも、わたしは、最近また児童文学にはまってたりします。ははは。
| みゃぎこ | 2007/06/14 8:48 PM |
さとぽんさん
行った事あるんだ。本には隠れ家の当時の写真も載っていて、感慨深かったです。
オランダには行きたいところが結構あります。フェルメールの故郷、デフルトにも行ってみたい。

みゃぎこさん
児童文学はいいものが多い!
子供だけに読ませとくのもったいない!!笑
| ふにー | 2007/06/18 12:20 PM |









http://lifeisbeauty.jugem.jp/trackback/324
page top   

CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
Search this site.
NEW ENTRIES
CATEGORIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
クリスマス
お正月
LINKS
PROFILE
RSS/ATOM
MOBILE
qrcode
SPONSORED LINKS